新 沖縄ハンマー

ウォーハンマー・ファンタジーバトルにこだわるおじさんのブログです。 沖縄でファンタジーバトルを始めてみたい方なら、できる限り応援します。



 ビーストマン・アーミーのゴールはコア枠の基盤となるユニットですが、6版まではアンゴルと混合でユニットを組み、射撃に対する盾としてアンゴルを使い、接近戦ではゴールが躍り出るという一風変わったユニットでした。現在ではアンゴルは25mmベースから20mmベースに変更されて、別のユニットになっています。


 そのため基本的にコア枠はゴルかアンゴルで埋めるわけですが、ゴルはビーストマン・獣人たちの中ではやや使える一般兵程度の存在で、決して主力と言える部隊ではありません。

IMG_1702

 しかし、彼等には他の兵には見られない“らしい”特徴があります。その最大のものが「獣人の待ち伏せ」です。
「獣人の待ち伏せ」はゴル(アンゴル)の部隊1つにつき、同数以下の待ち伏せ隊(別働隊)を編成出来ます。この待ち伏せ隊は初期配置では配置されず、1ターン目の味方移動フェイズよりランダムに戦場に登場します。

1D6をして、
 1    敵を見失う 敵プレーヤーが指定した戦場の端から登場する。
 2~3 今だ登場せず
 4    プレーヤーから見て左の戦場の端から登場
 5    プレーヤーから見て右の戦場の端から登場
 6    背後を含むプレーヤーが望む戦場の端から登場

隊列を組んだランク歩兵を敵陣深くに登場させられる夢のような部隊です。

IMG_1703

 当然本隊を2つ準備すれば、別働隊も2つ使えるわけで、別働隊になるからといって追加ポイントもなく、装備も本隊に合わせる必要もありません。

IMG_1704

 今回は本隊はある程度の耐久力が必要なので、手堅いハンドウエポン+シールドで40体準備し、別働隊は攻撃重視の二刀流部隊を20体としました。

IMG_1705

 ケイオスの眷属でありながら、現行のビーストマンは暗黒神の烙印を刻めません。しかし、タムルカーン・キャンペーンではビーストマンの軍勢もアーミーに加えることが出来るので、見栄えが良くなるようにナーグルカラーで作ってみました。

IMG_1706

 以前にはベスティゴールにはナーグルとコーンの専用モデルがあったり、A0Sではティーンチ神に仕える獣人があるようなので、近未来にはひょっとするかもしれません。

IMG_1707

 チャンピオンはプラ製のベスティゴールのビッツパーツがあったので、それっぽく作ってみました。本隊の軍旗持ちは他社製品ですが、並べてみたらチャンピオンより立派だし、バーナーが邪魔で並び難いし。
 ただ部隊のアクセントとしては良い味になっています。徒歩のASBは別に純正品の名作があるので、彼の登場場所はここしか無いと判断しました。

IMG_1708

 こいつらも暗黒神の覚えめでたい頃のベスティゴールたち、コーン神に仕えたコーンゴール達です。

IMG_1681

 ご覧の通り、全身にコーン神の紋章を身に付けいます。誰がどう見てもコーン神の使徒たちですね。
ゲームでは特別な恩賞などを付けることは出来ませんが、雰囲気だけはバッチリとコーン神です。
まだまだ海外の中古市場では流通していますが、完成例は余り見かけなくなりました。ノスタルジーなコレクションとして保管されているのでしょうか。

IMG_1682

 汚しもハイライトなどもあまり入れてはいませんが、これはゲームに使うには充分な程度の塗装というポリシー(逃げww)であります。
 でも時間ができたらじっくりとリペイントもしたいですし、そのための下塗りとして考えると納得出来るのであります。

 ただ、膨大なミニチュアをリペイント出来るのか?という時間的な制約に悩まされそうですが。

 その昔、ケイオス3軍と呼ばれるアーミーがありました。これはウォーリアーオブケイオス・ディーモン・ビーストマンを指し、それぞれを混合してアーミーを組むことも可能でした。

 ただし暗黒神はすこぶる仲が悪く、異なる暗黒神での編成は制限が大きかったのです。その頃に生まれたのがコーンゴールでありナーグル神に仕えるペスティゴールだったのです。

 やがて暗黒神の目は荒野のビーストマンから離れていきます。7版ではビーストマンは暗黒神の軍勢からは切り離され、暗黒神に仕える人間や悪魔達との連合は叶わなくなりました。直接暗黒神からの烙印を受けることも不可能になり、その名残としてペスティゴールは存在することになります。



IMG_1687


ゆえに8版では暗黒神の烙印を背負うことの出来る獣人はいません。ドラゴンオウガもその陣営から消えました。

 そのためペスティゴールたちは、ベスティゴールとして使う以外道はありません。

IMG_1686

 しかし、ナーグル神への恋慕の情は消えること無く彼等を突き動かします。
 タムルカーンキャンペーンでは再びケイオス3軍を再現することが可能になりました。キャンペーンではナーグル以外の暗黒神との連合も不安定ながら可能ですが、雰囲気を壊したくないので、ナーグル限定で戦っていきたいと思います。よって、合流する獣人たちもナーグルの旗の下に生きる連中を選びます。

IMG_1688

 実質はただの獣人ですが、ハウスルールとして可能であるならば、ナーグルの烙印を持たせたいと思います。
 1人あたり追加ポイントが+2pくらいで、接近戦時に敵のヒットロールから-1する程度が8版らしくて良いでしょう。

 ただ、ケイオスウォーリアーと変わらないポイントを払って、わざわざ彼等を徴集するかはいささか疑問ですが、ナーグル陣営が総力で戦う雰囲気作りにはなるかもしれません。

 こちらは旧メタルのベスティゴールです。

IMG_1689

 ベスティゴールは確かにビーストマンのエリート部隊ですが、それほど優秀なわけではありません。
 まずは防御が薄いこと。耐4は良いのですが、装備がヘヴィーアーマーのみで、盾などのオプションはありません。これはアーマーセーヴ(AS)に関してはライトアーマーに盾を持った一般兵と変わりません。
 さらに辛いのは士気。1体11pもするエリート兵でありながら、士気値は7。人間やオークの雑兵と変わらないのです。これでは先の「野生の憤怒」も充分に機能はしません。

 よってジェネラルの士気範囲での行動か、キャラクターの合流が運用前提になります。決して安価な部隊では無いので、しっかりと数を揃えて士気値と出来ればASBの効果が欲しいところです。

IMG_1691

 旧メタルのベスティゴールは我が軍では長いこと放置されていたユニットでした。上記の様にベスティゴール自体が使いづらく、ミノタウルスが8版で優秀になったせいもありますが、一番の理由は現行のプラゴールよりも小柄なのです。チェーンメールやスケイルメールで身を固める雰囲気は、プレトメールの現行プラベスティゴールよりも獣人らしい雰囲気がありますが、旧キットらしく体格が小さい。これはアーミーを並べた時の見た目としては致命的です。
 それ故に長らく放置してきましたが、ようやく日の目を見ることになりました。


↑このページのトップヘ