新 沖縄ハンマー

ウォーハンマー・ファンタジーバトルにこだわるおじさんのブログです。 沖縄でファンタジーバトルを始めてみたい方なら、できる限り応援します。


 フォージーワールドから発表されたタムルカーン・キャンペーンは、全部で4部構成になっています。
 第1部はタムルカーン誕生からケイオスの荒れ野を治め、征服に乗り出すまで。
 第2部は東方のオウガの土地に赴き、オウガの身体を手に入れてオウガキングダムとケイオスドワーフを支配するまで。
 第3部は東方の荒れ野からエンパイアに至る道中で、魔獣やグリーンスキン、様々な勢力を撃破して進む。
 第4部はエンパイアにて人間との最終決戦。

 次の第8戦でケイオスとの戦いは締めくくるつもりでした。しかし、春から少しずつタムルカーン・キャンペーン専用の特別ルールを訳していると、WoC・ディーモン・ビーストマンの俗に言うケイオス3軍の統合軍のルールを見つけました。近日この場で公表もしますが、ならばビーストマンとも決着をつける必要性がストーリー上必要だと、コロナ発生の頃から準備にかかってきました。

 今回のキャンペーンそのものが、命のある内に在庫を一掃することが目的の一つなので、在庫の確認と戦力の補充(必要か?)に取りかかっています。

 個人的に大軍がワラワラと戦うゲームが好きなので、ビーストマンもコア兵の充実をはかろうとしています。ただ、コロナのせいで世界的にステイホームのためなのか、海外オークションでも安価な出物がなかなか出なくなっています。
 そんな中、最近購入したのがこれ。

IMG_1262

 ケイオスマローダー25体で送料込みで2500円ほど。ところがよく見るとボディはビーストマン。頭部と手を付け替えて、なんちゃってマローダーになっていました。ビーストマンのビッツは山のようにあるので購入決定。

IMG_1263

 どうも6版時代のビーストマンで、それを最近?マローダーに変えたようです。マローダー頭部や盾のパーツに新プラのマローダーホースマンが使われていました。
 アンゴルのボディを無理矢理使ったマローダーもありましたが、アンゴルも25mmベースに乗っていたことから6版時代のゴール&アンゴル混合編成ルール下でのキットのようです。

IMG_1264

 容赦なく切り飛ばし、ゴール15体と20mmベースのアンゴル10体のキットに生まれ変わりました。

 これから彼等とまだ未塗装の在庫キットを使い、ナーグル仕様のゴールとアンゴルを塗っていきます。

IMG_1265

 別に8版で暗黒神の烙印を刻めるわけではありませんが、タムラカーン陣営に並ぶなら、それっぽいカラーがいいと思いまして。

 ゴール・アンゴルだけでもかなりの量ですが、その上コツコツ買い集めたコーンゴールやペスティゴール、メタルベスティゴールもありますし、ハーピーが各種かなりの量があるので、これだけでも大変です。

 その上、最近お気に入りのミノタウルスたち・・・いったい何時になったら対戦出来るかは不明ですが・・・

 太古の時代より生き延びてきた種族がドラゴンオウガです。以前はビーストマンの一員でしたが、最近はWoCの一員になっています。

IMG_1251

 見た目はゴツイのですが、それほど活躍はしてくれません。モンスタービーストなので機動性は充分なのですが、Sスキンが5にライトアーマー装備なのでAS4。とても重騎兵とは言えない状態です。耐も4なので。1体60pの割りには硬さはB級です。唯一の救いは傷4であることでしょうか。

 WoC枠になっても暗黒神の烙印は刻めません。チャンピオンは追加出来ますだ、ミュージシャンや軍旗持ちは選択出来ません。武器に関しては二刀流(3p)ハルバード(8p)グレイトウエポン(8p)が選べます。攻5で回3なので破壊力はまぁまぁです。

IMG_1252

スペシャルルールは「雷の憤怒」。雷系の攻撃に対してWS2を持ち、雷系の攻撃を受けると「狂乱」しますが、それを知っていて彼等に雷系で攻撃する人はいません。ハイ。

IMG_1253

 ホードで使ってみたいと言う夢もありますが、6×3として1000p超えのユニットとしては、士気8で心理強化ルールも無い部隊は、危険すぎて使えません。

 やはり、太古から続いてはいるものの、消えゆく種族なのでしょうか。

タムルカーンキャンペーンもいよいよ第8戦、2015年あたりから準備を始めたタムルカーン・キャンペーンですが、ようやく第1部を終えようとしています。

 次戦はWoCコーンとの最終決戦。残りの隠し球を全て投入しての決戦です。

 その隠し球第一弾がこいつら

IMG_1245
ドラゴンオーガ軍団です。

中古で購入した在庫キットを含めてドラゴンオウガを6体×2部隊完成させました。
IMG_1246
IMG_1247

 ついでに現行プラキットに合わせて、ベースを75mm×50mmに変更。ベースもレジン製の海外品を奢っています。

 殴り合い専用の漢の部隊。特殊能力の「雷の憤怒」も雷系の攻撃に対する耐性と強化で、普通は彼等に雷系の攻撃はしませんから。ww

 チャンピオンだけは追加出来ますが、ミュージシャンやバーナーはナシ。つまりマジックバーナー等での強化は出来ません。現行ではWoCの一員ですが暗黒神の烙印も選べず、追加ポイントでの強化もなし。
 
 6体のユニットで370p。かなりの高額ユニットです。

そしてコイツ
IMG_1248

 ドラゴンオウガ・シャゴス

 8版では単なるレア枠モンスターに。特別ルールも例の「雷の憤怒」のみ。ジャイアントの方が使えそう。

そして最後は

IMG_1249
“太陽喰らい”のコレック

 ロード枠のスペキャラです。スペシャルルールの「雷の王者」は敵ユニットに攻6回1D6の射撃ヒットを与えますが、他はほぼシャゴスの強化版。

 しかもコイツらは何も連携が出来ない困ったちゃん。お互いにリンクする能力(士気や能力が上がるとか、ドラゴンオウガがコア扱いになるとか)がありません。よって一緒に使っても何のメリットも無いのです。

 まさに漢のロマンだけで投入するユニット。ただこれまでいいところの無いドラゴンオウガ族の意地として、投入します。

【第4ターン 先攻 コーン】

IMG_1210

 ハウンド達がEXグレーターディーモンに突撃します。“永遠なる狩猟者”カラナックがどれだけの出血を与えるのでしょうか?

IMG_1211

 ただし百戦錬磨のナーグル・ディーモンはわずかに身をよじって受け止めます。それにより全てのハウンドが戦闘可能にはなりませんでした。

(魔法フェイズ)

 出目は4、敵味方問わず全てのデモニックセーヴが1ダウン
 これがどのような結果に

(射撃フェイズ)

ナーグル陣営で接近戦をしていないのはソウルグラインダーのみ

IMG_1212

 痰の爆撃は微妙に逸れてアウト

IMG_1213

キャノンの一撃はまたもミス。しかし、結果は今回の射撃が無効のみ

(接近戦フェイズ)

IMG_1214
EXブラッドサースター vs グレートアンクリーンワン

IMG_1215

 グレートアンクリーンワンが追加ダメージ、しかし、ブラッドレターが壊滅的なダメージを受ける。

IMG_1216

 結果、不安定化でブラッドレーター・ユニットが消滅。

IMG_1217
 挟撃に合っているこちらのブラッドレターも

IMG_1218

 お互いに大被害が出ますが、次の接近戦フェイズを耐えきれるのか?

IMG_1219
カラナックが血の神の贄となるEXグレーターディーモンと一騎打ち。

IMG_1220
しかし、耐7で再生能力を持ち相手には手も足も出せません。

一方的に殴られてダウン。

IMG_1221

 こちらも3ダメージずつの痛み別け。

IMG_1222
 こちらも激戦が続きます。
 耐5で再生持ちのビーストと、耐4だがAS2のブラッドクラッシャーとはいい勝負。

IMG_1223
さぁ、混沌としてきました。

【第4ターン 後攻 ナーグル】

 射撃兵以外は接近戦中なので、移動はナシ

(魔法フェイズ)

 風は微妙。

IMG_1224


 最初はグレートアンクリーンワンに再生を持たせます。
IMG_1225
 これは出目が微妙でしたが、コーン側は次の呪文を警戒してデスペルせず。

IMG_1226

 続いては耐を上げる強化呪文。これはデスペルされてしまいます。

(射撃フェイズ)

コーン側もほとんど接近戦に入っているので、こちらも射撃部隊を狙うしかありません。

IMG_1228

 スカルキャノンへの一撃は直撃! しかもダメージ6!!

IMG_1229
ようやく調子が出てきました。

(接近戦フェイズ)

IMG_1230
 一騎打ち。これはお互い痛み別け。

IMG_1231
 しかーし、戦闘結果では隊列ボーナス、軍旗ボーナス、不意打ちボーナスでナーグルが辛勝。

 ここで、大波乱
IMG_1232
 不安定化テストでまさかの悪出目!追加ダメージが4出て、溶けていくEX・・・

IMG_1233
 するとこちらも・・・

IMG_1234
 ブラッドレターはほぼ壊滅で大負け。  当然・・・

IMG_1235
 生き残りも溶けて全滅。これがディーモンの辛いところ。

IMG_1237
 犬達も猛然と襲いかかりますが・・・・

IMG_1238

 貴婦人の武器はD6ダメージのマジックウエポン

IMG_1239
大ダメージを受け、不安定感で1体残して消滅。


IMG_1241

 こちらも大ダメージ。ワードセーヴの弱体化が痛い。

IMG_1242
 2体残して消滅です。

IMG_1243
 こちらはお互いにダメージを出し合って、膠着します。

IMG_1244
 しかし、戦場は・・・赤はほぼ壊滅。

コーン神の代理戦士たるスカルテイカーは、全軍に退却命令を出して戦いが終わります。


****

 やはり、コーン特化編成は厳しいです。耐が低い分スタミナが無いのと、魔法支援が無いのが致命的です。

↑このページのトップヘ